見守りシステム、移乗介助、移動支援など介護ロボットを検討するなら

施設に見守りシステムなど介護ロボットの導入を検討するなら簡単&無料でメーカーを徹底比較

まとめて資料をご請求いただけます

見守りシステム、移乗介助、入浴支援など、
該当する介護機器にチェックを入れ、検索ボタンを押してください

介護ロボット解説

  • 見守りシステム

    センサーや外部通信機能を備え、入居者の見守り・安否確認を行います。 複数の入居者を同時に見守ることが可能で、また複数の職員へ同時に情報共有することも可能です。

  • 移乗介助機器

    介護職員が装着することにより、移乗介助の際の身体への負担を軽減するものと、ロボット機器自身が抱え上げ動作を行うものがあります。ベッドや車いすへの移乗などに多く用いられます。

  • 移動支援機器

    入居者の施設内の移動や立ち座りをサポートし、椅子やベッドからの立ち上がり、トイレへの往復やトイレ内での姿勢保持を支援します。一人で使用または一人の介助者の支援の下使用できるため、おむつなどを余儀なくされている入居者の精神的負担の解消にも役立ちます。

  • 入浴支援機器

    浴室から浴槽への出入り動作、浴槽をまたいで湯船につかるまでの一連の動作を支援します。介護職員の負担を軽減し、入居者の安心・安全で快適な入浴をお手伝いします。

  • 排泄支援機器

    排泄物の処理の際、排泄物のにおいが室内に広がらないよう、排泄物を室外へ流したり、容器やラップなどに密閉して隔離します。

介護ロボット導入事例